2009年 02月 22日
ウソだ!
日曜日の本日、お昼から生田緑地へ行った。先輩のIさんと合流して、鳥見散策である。日差しもなく、少し肌寒い。かんじんの鳥さんが、なかなか現れてくれない・・・。
おっ、いた。なんや、ヒヨドリか。あとは、ハシブトガラスだけ。だめですねえ、とつぶやきながらまわる。梅林に行っても、状況変わらず。期待して来たわりには・・・というかんじで、奥の池まできてしまった。あんまり鳥影濃くないですねえ、等と話す。そのとき、木立の天辺を飛び回る小さな群れを発見。尾の長いエナガである、茶色いヤマガラもいる。しかし、あまりにも上空過ぎて、証拠写真さえ撮ることも不可能である。ちょこまかと、あっという間に飛び去っていった。
来た道をひきかえすのも策がないので、枡形山経由で戻ることにする。相変わらずの状況のまま、枡形山展望台に到着。あっちに西新宿が見えるね、などと話していたら、Iさんが叫んだ。あっ、あそこに何かいる。ウソだ!、私が叫ぶ。駄洒落ではありませんが、事の真相は以下のとおりである。Iさんが、法螺を吹いたのではありません。その名もウソという鳥が、桜の木の新芽を食っていたのである。そうです、ウソ一匹とアカウソ二匹を発見。初めて、出会いました。噂どおり、食いしん坊である。昔みたアカマシコ並の食いしん坊ぶりではないか、絶えず口をもぐもぐさせている。桜の新芽を食い荒らすので、嫌われるのもうなずける、そんな大食漢ぶりでした。フッ、フッと口笛を吹いているような声で鳴くらしいのですが、確認はできませんでした。デジスコもなく、あまりにも距離が遠かったので、証拠写真レベルでしか撮ることもできませんでした。でも、最後に嬉しい出会いとなりました。背景に遠くかすんでいるのが、西新宿高層ビル都庁群です。(ウソの鳴き声は、上記の太文字のウソをクリックいただきますと、リンク先=和田剛一さんのサイトで確認できます。)
b0036283_22103222.jpg

[PR]

by fxhamayan | 2009-02-22 20:05 | 生田緑地


<< 庭の野鳥たち      書写山 >>